日展(改組 新 第5回)&東山魁夷展 鑑賞


11月に六本木の国立新美術館で開催された毎年恒例の日展と、
東山魁夷展を鑑賞してきました。

今年もまたペアチケットが当選して、無料で鑑賞できました。
書や絵画、彫刻など、様々な分野の芸術作品を一度に鑑賞できるのが、
自分自身の創作の原動力、ヒントにつながります。

良い作品はやはり直感的に見て、いいなと思いました。
結局は自分の好みで鑑賞しているのかも知れませんが、
見ることが自分自身の勉強、気分転換にもなります。

東山魁夷展は平日にもかかわらず混雑してましたが、大きいサイズの
作品が多いので、それほど鑑賞の妨げにはなりませんでした。

作品に込められた生命力がひしひしと伝わり、何か懐かしさを
感じて、ずっと見ていても全然飽きません。

自分も鑑賞者の魂を揺さぶるような作品を作りたいと、
常日頃から思っていますが、なかなか上手くいきません…。
試行錯誤を繰り返しながら頑張ってまいります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です