書の流儀 鑑賞

P1020178
出光美術館で開催されている「書の流儀」を鑑賞してきました。

会期終了間近ということもあってか、
会場は多くの方で賑わっていました。
日本の名筆を中心に、数多くの名作が展示されていましたが、
特に高野切第一種や中務集、継色紙などの重要文化財の古筆を
間近で見ることができ、非常に感激しました。

その他にも様々な書体の作品があり、墨色や連綿、渇筆や配字など、
大変勉強になりました。
改めて芸術としての「書」を全身で感じることができ、
今後の創作活動の励みにもなりましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です