第49回 國際書道連盟展


8月4日~12日に上野の東京都美術館で開催された
第49回國際書道連盟展です。


様々な創意工夫を凝らした作品が鑑賞者を楽しませてくれました。
カリグラフィーやハングルなどの世界各国の書作品や、教育部の
小中学生の作品も数多く展示されていました。



僕は今回、友好出品という形で初出品させていただきました。
國際書道連盟の理事長が以前、鳩居堂で開催された書・コンデンスアート展の会場にお越しになり、その後、出品依頼を受けたのがご縁でした。

「比較的新しい文字であるハングルと、何千年もの歴史を持つ漢字との融合」
自分自身の作品制作の永遠のテーマであり、これからも試行錯誤を繰り返しつつ創作活動に励んでいきたいと思います。

緊急事態宣言発令、そのうえ台風接近に伴う悪天候の中でも、
関係者の方々により無事に開催できたことを深く感謝申し上げます。


コメントを残す

Copyright © 洪明均オフィシャルブログ All Rights Reserved.