韓国の千字文ペン字本&韓石峰(ハンソクボン)

 

P1010261
本棚を整理していたら、韓国の千字文ペン字本が出てきました。

P1010266
かなり前に韓国ソウルの仁寺洞(インサドン)で買ったもので、
前半までは練習していた形跡がありますが、
後半は白紙できれいです・・・。
数年前の展覧会で、楷書で千字文を出品する前に、
少し練習しましたが・・・。

千字文は韓国語で「チョンジャムン」といい、
中国南朝時代の梁の周興嗣が、宇宙の森羅万象、全てのことを、
異なる千の文字で表したものです。

特に韓国では、朝鮮時代初期の韓石峰(ハンソクボン)の
「石峰千字文」が、 後世の国語学研究などに多大な影響を与えました。

韓石峰は王羲之や顔真卿の筆法を学び、
書体においては楷・行・草・隷が優れていて、
韓国的書芸の基本的筆法を確立しました。

その昔、明かりを消した暗い部屋で、
韓石峰の母親は少年だった韓石峰に字を書かせ、
自分は餅を切った有名な逸話があります。
明かりを消したため、韓石峰が書いた字はめちゃくちゃでしたが、
母親が切った餅はきれいに切りそろえられていたそうです。

当時、ある程度自分の書く字に自信を持ち始めていた石峰少年は、
自分の未熟さに気づき、家を飛び出して、
懸命に字の練習に励んだそうです。
暗闇の中で餅をきれいに切りそろえて、
自分が何を言わんとしているかを石峰少年に悟らせた母親は、
やはり只者ではないと思います。

韓石峰にあやかり、自分の雅号が石峰・・・ですが、
当然のことながら、韓石峰の足元にも及びません・・・。
今度、暗闇の中で練習・・・
まずは手元を見ずに書く練習もしてみたいです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です