あくまでも・・・

ノートに書く時は、ペン字のお手本を書くようにではなく、あくまでも几帳面な性格の人が書いた、というのを
意識しました。
書体も行書は達筆すぎるということで、できるだけくずさずに楷書で、という指示がありました。
結構難しかったのが、ノートの1ページに「部屋にあるもの」を書く部分でした。
これも、行頭や字の大きさをそろえ過ぎずに、あくまでもメモ書きした雰囲気を出す、という指示がありましたので。
映画で確認したところ、メモ書きの雰囲気は出ていたと思いますよ。


Copyright © 洪明均オフィシャルブログ All Rights Reserved.