墨絵で竹とスズメを・・・

suzume.jpg
今日は初夏の陽気だったので、涼しげに(?)墨絵で竹とスズメを描いてみました。
絵を描くのは小さい時から大好きで、筆遊びでよく描いたりしますが、本当に楽しいですね。

筆圧が強すぎて・・・

te1.jpgte2.jpg
既に今年の秋と来年年明けの展覧会に向けての作品制作に励んでいます。
書いていると、ついつい夢中になって、気が付いたら右手の親指と人差し指に筆の跡がついてしまいました。
筆圧が強すぎてできてしまったんですが、まあ、痛くはないし、そのうち消えますからね・・・。

アラビア書道

arabia.jpg
本屋さんでアラビア書道の作品集があったので、早速買って見てみました。
日本や中国、ハングル書芸とは全く違った別の世界という感じで、衝撃を受けました。
アート的なアラビア文字の美しさは、何かハングルに通じるものを感じましたよ。

写経(般若心経)

syakyou.jpg
般若心経の写経をしました。少なくとも一年に一回は書いています。
写経は気持ちを鎮め、心を落ち着かせてくれますね。
年々書くスピードが速くなっていて、今回は2時間弱で全部書けましたよ。
そのうちに一日写経講座を開催しようかとも思っています。

韓国の水墨画

韓国の水墨画
韓国料理店に飾ってあった水墨画です。
構成が面白いですね。
機会があれば、僕も描いてみようかなと思います。
suiboku.jpg

手軽な裏打ちの方法(2)

3.台に新しくしわのない新聞紙を5~6枚重ねて広げ、その上に霧吹きして乾燥させた作品をしわにならないように移します。
urauti3.jpg
4.作品と同じ大きさ、もしくは多少大きめの裏打紙を、つるつるした糊面を下にして、作品の上に置きます。
アイロン(中~高130℃程度)でずれたり、空気が入らないようにゆっくりとアイロンがけをします。
ムラなくアイロンがけが終わったら、熱が下がるまで5分程度そのままにしておきます。
urauti4.jpg
5.はみ出している部分をカッターなどで切り落とし、しわやふくれがある場合は表側の上に半紙などを置いてアイロンがけをします。
反りなどが出た場合は重しになるものをのせて一晩置くと、綺麗に仕上がります。
urauti5.jpg

手軽な裏打ちの方法(1)

裏打ちとは拓本や書画などの作品の裏面に和紙を貼って、作品を補強する作業で作品を掛け軸や額として仕上げる一つの工程です。
裏打ちすることによって作品のしわが 伸び、墨跡が鮮やかに表現されますが、自分で行うのはなかなか難しいものです。
ここでは書道用品店などで売っている簡易裏打紙を使った方法を紹介します。
1.作品を完全に乾燥させます。この状態だとまだ作品はしわしわのままです。
urauti1.jpg
2.新聞紙を2枚程度重ね、その上に作品を裏返しに置き、ムラがないように全体的に霧吹きをします。
霧吹き後、水が紙になじんで、しわなどが出てこない程度まで5~10分くらい乾燥させます。
urauti2.jpg

韓国の水墨画

suibokuga.jpg
韓国料理店の入り口の横に飾ってあった韓国の水墨画です。
水墨画は韓国語では文人画(문인화)と呼ばれていて、風景や人物、動物などを描いたものが多いです。
やはり風情があって、趣を感じますね。