臨書 ~ 顔真卿 多宝塔碑 (大唐西京千…)


日本書道学会6月号の半紙臨書課題の多宝塔碑の一節です。

多宝塔碑は初唐の楷書を受け継ぎながらも、たくましい書風であり、
顔法も控えめなので、比較的初心者の方にも受け入れられやすいです。

ところが、晩年の顔法の完成形である「顔氏家廟碑」や「建中告身帖」
などは、人によって好き嫌いがはっきり分かれてくると思います。

実際、書道教室の受講生の中にも、
「祭姪文稿」や「争坐位文稿」は、ただ、ぐしゃぐしゃに書いてる
だけで、どこが良いのか全然分からない、
という方もいらっしゃいます。

顔真卿の書は「一碑一面貌」と言われているように、
碑ごとに書風、運筆の調子を変えています。
若年から後年になるに従い、どんどん変貌していきますが、
これはピカソにも共通している部分があると思います。

ピカソも若い頃は、写真のような緻密なデッサンを描いていましたが、
後年はオリジナリティーを追求して、
大胆で独創的な作品を発表していきました。

その中でも「ゲルニカ」はナチスによるスペインのバスク地方の
田舎町ゲルニカへの爆撃を抗議して描かれたものです。
何の罪もない人々や動物たちが無残に殺されていくのを見て、
ピカソも激しい怒りと悲しみを「ゲルニカ」で表しています。

一方、顔真卿の「祭姪文稿」も。賊軍に殺された従兄と甥ら一族の
無念を思う悲しみ、憤りが、強い筆圧やスピード感、
荒々しく何度も塗抹した部分に込められています。

ピカソも顔真卿も想像を絶する悲劇を目の当たりにしながら、
その強い怒りを表現することによって、作品を通じて社会に
力強い抗議ができました。

精神的に辛くても、その「怒り」を芸術作品として表現できるのは
流石ですが、才能が無い自分達はどうすればいいのやら…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です