臨書 ~ 竹簡 臨沂銀雀山漢墓竹簡

002
半切に竹簡を臨書しました。
紙が発明される前の時代に紙の代用として、木片に書かれたものを木簡、
竹片に書かれたものを竹簡と呼んでいます。

今回臨書した臨沂銀雀山漢墓竹簡も約2000年も前に書かれたもので、
何と言っても当時の肉筆の筆跡が残っていたことが驚きです。

一画を大胆に引き伸ばして強調して、雄大さを醸し出したりと、
書の創作に非常に適した要素を含んでいる古典で、字形などの未完成の
魅力に引き込まれますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です