臨書 ~ 乙瑛碑 (月甲辰朔十・・・)

P1010122
今回は半紙に乙瑛碑(いつえいひ)を臨書しました。

乙瑛碑は今から約1900年前の後漢時代後期に、
魯国の前大臣だった乙瑛が、
孔子廟内の器物を管理する役人一名の採用を申請し、
許可されて採用するに至るまでを述べたものです。

隷書の代表的な作品の一つで、がっしりとした重厚な線質が特徴です。
個人的には礼器碑や曹全碑よりも、この乙瑛碑が隷書の中では
一番好きかもしれません。
そのうちに全臨したいと思ってますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です