扇面作品 ~ 玄遠

P1020168
扇子作成専用の「扇子仕立用紙」に直接書いた作品です。

作品をそのまま扇子に仕立てることができますが、
書く際は色々注意事項があります。
扇子仕立ての場合、周りは切り落とされますが、
特に右隅部は骨を貼り付ける関係で、
やや広めに白紙のままにしなければなりません。

また、墨汁を使うとニジミ、色落ちなどの出るので、
固形墨を磨って書き、一週間以上乾燥させなければなりません。

今回書いた「玄遠」は奥深く深みのあることで、
作品制作は勿論、人間的にも自分自身の最終的な目標だと
言えそうです。

古隷を基調とし、潤滑のコントラストを極端につけてみましたが…
いやはや、まとめるのが難しい…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です