扁額作品 ~ 磨斧作針


久しぶりに扁額形式で作品を書きました。

「磨斧作針」(まふさくしん)
読んで字の如く、「斧を磨いて針を作る。」
鉄の斧を磨いて針を作るということは並大抵ではない努力、
根気がなければ到底成し遂げられません。
どんな難しいことでも忍耐強く努力し続ければ、
必ず成功するという意味です。

最近、自分の中でボーダーラインを引いて、物事をやる前から
「できない」と勝手に決めつけている人が多いような気がします。
受講生の方にも言ってますが、「できない」のではなくて、
「やろうとしないだけ」で、やれば必ず何らかの成果が出ます。

周りがどうであれ、自分が「やってみよう」というチャレンジ精神を
常に持ち続けていきたいと思っています。


“扁額作品 ~ 磨斧作針” への2件の返信

    1. 「違う、こんなはずではない」という「自己否定」は更なる向上心につながりますが、単なる「否定」からは何も生まれないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です