京都細見美術館 琳派のきらめき 鑑賞

P1010304
招待券を頂いたので、日本橋高島屋で開催されている
「京都細見美術館 琳派のきらめき」を見てきました。

琳派とは、桃山時代後期に興り近代まで活躍した美術・工芸上の
流派で、今年は琳派400年ということで、
この展覧会が催されたようです。

午後7時を過ぎて入場しましたが、
会場は大勢の方が鑑賞していました。

本阿弥光悦や尾形光琳たちの素晴らしい作品の数々は、
やはり日本の美、まさに日本芸術の最高峰といっていいでしょう。

また、掛軸の中にも扇面作品がいくつか展示されてて、
書の勉強にもなりました。
今回の新たな刺激を創作活動に活かせるようにしたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です