かなの基本運筆練習

001
かなを書くための基本練習です。
初心者の方は、いきなり文字を書こうとすると、
どうしても線がぎこちなくなってしまいます。

それで、文字を書く前のウォーミングアップとして、
基本的な用筆の訓練が必要になります。
一本の線に色々な変化をつけて書いてみましょう。

一見、落書きのように見えますが、
この時に注意しなければならないのが、
・穂が紙面に対して垂直になるように、筆をしっかり立てる。
・筆先が線の中心を通ることを意識する。
・線の方向が変わる時は、筆を止めて穂先を紙面に突くようにして
穂先を返す。

更に太細や潤渇、大小、速度の変化などをつけることによって、
線に表情を出すことができ、 かなに必要不可欠である「曲線美」を
磨き上げることができます。

かな研修の時にも先生が、 「文字の形は後でどうにでもなるから、
線質や筆使いを日々鍛えるのが大事」と おっしゃってましたが、
地道に頑張るしかないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です